ブログ
2012年5月25日 11時03分

☆良寛の里わしまを訪問☆彡


この道の駅を運営(指定管理者)をされているNPO法人和島夢来考房(わしまむらこうぼう)・理事長(駅長)にお会いして、色々伺って来ました。


 
「もてなし家」(左)と「道路情報ターミナル&トイレ」(右)


 
駅内の売店です。
道の駅と言うことで、新潟の名産も沢山売られていました。
今後お酒も売る予定だとか・・・
また、駅前には野菜直売所もあり、和島名物の「自然薯」は遠くから買いに来られるそうです!(人気上昇中↑↑↑)


 
古民家風な空間で落ち着ける食堂でした。


 
ここで様々なイベントを開催するそうです。
中之島の団体も出店したそうです。


 
ここは「もてなし家」から400m位入ったところにある「和らぎ家」です。
ここのガンジーソフト&米粉コロネは大人気です!
写っている男性が駅長の山田さんです。


     
この日は、風景の写真展(左)とフラワーアレンジメント教室(右)が行われていました。体験教室は月20~25教室実施しているそうです


 
部屋の仕切る戸は、良寛さんの透かしみたいな障子戸でした。
この奥は畳の部屋で50~60人の会議が出来ます。


     
散策道(左)と施設間結ぶ雁木?(右)


この他にも、良寛の里美術館や歴史民族資料館、菊盛記念美術館などを案内して頂きました。

駅長の山田さんからは、オープン時の苦労や現状の問題点等、もちろん成功例もいろいろ教えて頂きました。
上記はハード部分の紹介がメインでしたが、ソフト部分も見習うべき部分が沢山ありました。


* トラックバック
この記事へのトラックバックは許可されていません

目 的
雪遊び用レンタル品
価格表
      
デイキャンプ
価格表
      プラグインがインストールされていません

公園ゾーン
刈谷田川防災公園
  

 
モニュメント

  

希望の言葉(モニュメント下部)
  


コンテスト受賞歴

防災コンテスト

管理室からのお願い
防災公園利用者さまへ
  
イベントカレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
お問い合わせ
ご意見・ご感想をお聞かせください。

お問い合わせフォームへ

ログイン/ログアウト
メールアドレス

パスワード

 
SNS
  
キズナの森が生まれるまで
2011年9月06日 4時03分

~ episode 1 ~




 過去をさかのぼる事7年前、H16.7.13に起こった水害により、刈谷田川の河川改修が始まりました。
 あれから7年、今は中之島大橋が掛かり、刈谷田川防災公園として着々と工事が進んでおります。
 話し合いの中で大変なのは、長岡市と見附市の両市にまたがっている所です。昔から中之島(長岡市)と今町(見附市)は大の仲良しです。今だからこそ私たちには、「キズナ」が大切になっています。
 その埋立て地は今「キズナの森」として、もうすぐ皆様にお披露目できると思います。
 
 この「キズナの森」はまだお母さんのお腹にいるようなもの・・・。
最初からたずさわった住民にとっては赤ちゃんを産むような不安と喜びがあります。
 みなさま生みの喜びをご一緒に味わって下さい。
 


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
H16.7.13 水害発生
  刈谷田川河川災害復旧
  助成事業着工
 
H17. 「市民参加ワークショップ」
  により刈谷田川河川改修工事
  のあり方を検討
  (参加人数約100名)
 
H19. 両市がそれぞれで利活用
  の基本構想案を策定
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



feed KML
 
【 広報誌 キズナ 2012 】

    第1号
   

検索