ブログ
2015年1月22日 6時07分

長岡市新規採用職員の皆さんが研修にお越しになりました。



長岡市新規採用職員
4名の皆さんがNPOキズナの森の活動にお越しになり、
活動をはじめ地域での役割を研修されていきました。

その発表会が1月8日にアオーレ長岡にて実施され、
NPOキズナの森が目指している地域の絆について発表してくれました。
地域で人と人をつなぐ、市民と行政をつなぐ、ポイントとして笑顔です。と結んでくれました。
* トラックバック
トラックバックURL:

目 的
デイキャンプ
価格表
       <a href="/fbox.php?eid=11104" _fcksavedurl="/fbox.php?eid=11104" target="_blank"><img src="/fbox.php?eid=11104&s=p" _fcksavedurl="/fbox.php?eid=11104&s=p" alt="" border="0"></a>プラグインがインストールされていません
公園ゾーン
刈谷田川防災公園
  

 
モニュメント

  

希望の言葉(モニュメント下部)
  


コンテスト受賞歴

防災コンテスト

管理室からのお願い
防災公園利用者さまへ
  
イベントカレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
お問い合わせ
ご意見・ご感想をお聞かせください。

お問い合わせフォームへ

ログイン/ログアウト
メールアドレス

パスワード

 
SNS
  
キズナの森が生まれるまで
2011年9月06日 4時03分

~ episode 1 ~




 過去をさかのぼる事7年前、H16.7.13に起こった水害により、刈谷田川の河川改修が始まりました。
 あれから7年、今は中之島大橋が掛かり、刈谷田川防災公園として着々と工事が進んでおります。
 話し合いの中で大変なのは、長岡市と見附市の両市にまたがっている所です。昔から中之島(長岡市)と今町(見附市)は大の仲良しです。今だからこそ私たちには、「キズナ」が大切になっています。
 その埋立て地は今「キズナの森」として、もうすぐ皆様にお披露目できると思います。
 
 この「キズナの森」はまだお母さんのお腹にいるようなもの・・・。
最初からたずさわった住民にとっては赤ちゃんを産むような不安と喜びがあります。
 みなさま生みの喜びをご一緒に味わって下さい。
 


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
H16.7.13 水害発生
  刈谷田川河川災害復旧
  助成事業着工
 
H17. 「市民参加ワークショップ」
  により刈谷田川河川改修工事
  のあり方を検討
  (参加人数約100名)
 
H19. 両市がそれぞれで利活用
  の基本構想案を策定
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



feed KML
 
【 広報誌 キズナ 2012 】

    第1号
   

検索