活動記録
2020年9月07日 19時05分

7.13水害防災アーカイブ ~未来へつなぐ きぼうの花~ ご報告


 5月7日の中之島中央小学校3年生によるヒマワリの種まき植裁会はコロナウイルス感染による休校で中止となり、当日は「わかたけこども会」縦割り班26班が作成したプレートをプランターに取付て種まきを当日参加者で完了しました。


 6月11日は今回制作したパネル26枚を中之島中央小学校へ持ち込み教務室前の廊下に展示し、全校朝会で児童への防災講話を実施しました。展示は16日の防災講話まで閲覧してもらいました。
児童らは終了後、両親や家族と命を守るにはどうしたらいいのか洪水ハザードマップを見て話し合いたいと感想を述べました。

 プラグインがインストールされていません

 プラグインがインストールされていません


 7月2日には中之島地域全戸へアーカイブ冊子を配布し、防災意識と災害を風化させない絶好の機会となりました。


 9月3日の中之島中央小学校4年生による菜の花の種まき植裁会は、猛暑の中無事に実施し、子供たちは報道各社の取材でそれぞれ防災に対する感想を述べていました。地道な活動だが今後も継続的に地域の小中学校や保育園へ積極的に出向き過去の水害を後世に伝え、災害に対する意識向上を訴えてゆくことが大切なことであると痛感しました。


 プラグインがインストールされていません

* トラックバック
この記事へのトラックバックは許可されていません

目 的
デイキャンプ
価格表
      プラグインがインストールされていません

公園ゾーン
刈谷田川防災公園
  

 
モニュメント

  

希望の言葉(モニュメント下部)
  


コンテスト受賞歴

防災コンテスト

管理室からのお願い
防災公園利用者さまへ
  
イベントカレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
お問い合わせ
ご意見・ご感想をお聞かせください。

お問い合わせフォームへ

ログイン/ログアウト
メールアドレス

パスワード

 
SNS
  
キズナの森が生まれるまで
2011年9月06日 4時03分

~ episode 1 ~




 過去をさかのぼる事7年前、H16.7.13に起こった水害により、刈谷田川の河川改修が始まりました。
 あれから7年、今は中之島大橋が掛かり、刈谷田川防災公園として着々と工事が進んでおります。
 話し合いの中で大変なのは、長岡市と見附市の両市にまたがっている所です。昔から中之島(長岡市)と今町(見附市)は大の仲良しです。今だからこそ私たちには、「キズナ」が大切になっています。
 その埋立て地は今「キズナの森」として、もうすぐ皆様にお披露目できると思います。
 
 この「キズナの森」はまだお母さんのお腹にいるようなもの・・・。
最初からたずさわった住民にとっては赤ちゃんを産むような不安と喜びがあります。
 みなさま生みの喜びをご一緒に味わって下さい。
 


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
H16.7.13 水害発生
  刈谷田川河川災害復旧
  助成事業着工
 
H17. 「市民参加ワークショップ」
  により刈谷田川河川改修工事
  のあり方を検討
  (参加人数約100名)
 
H19. 両市がそれぞれで利活用
  の基本構想案を策定
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



feed KML
 
【 広報誌 キズナ 2012 】

    第1号
   

検索